D300S

最後のDXフラッグシップ?

Good

  • バッテリーの持ちが良い
  • 防塵防滴
  • 動体AFの食い付き
  • 秒間最大8コマの連写速度(BG使用時)

Bad

  • 風景撮影には今やイマイチ
  • 高感度が弱い
  • ベース感度がISO200
  • ISOオートの使い勝手が悪い

コメント

動体撮影のためにAFが強いカメラをということで購入。
今でも十分現役で使っていけるカメラ。


画質

現在でも十分現役の画質だが、1200万画素ということもあってか風景撮影に用いるとやや解像感に不足を感じるのは否めない。


高感度耐性

Lightroomで現像すればISO1600までは常用の許容範囲内だが、暗部ノイズはやや目立つ。

実用上問題ないがフラッグシップ機としてはもう少し頑張って欲しかったと言うのも正直なところ。


感度設定

ISO200がベース感度。
それ以下は拡張感度扱いで画質も落ちる。スローシャッターを使いたいときなど少し不便。

ISOオート(感度自動制御)の使い勝手が新しい機種に比べると悪い。シャッター速度の低速限界設定がオートでないため。
遅くとも2012年以降発売の機種では低速限界設定がオートにでき、レンズ次第で低速限界が自動的に設定されるようになっている。

またISOオートのON/OFFも新しい機種ではボタンとダイヤル操作で素早くできるが、D300Sはメニューからしかできないなど。


オートホワイトバランス

オートホワイトバランスはあまり信用できない。


バッテリー

日帰りでどこかに撮影に出かけてもバッテリー切れの心配は皆無。
撮影の頻度にもよるだろうが数日は充電しなくても持つかんじ。

MB-D10+BL-3+EN-EL4aと組み合わせると一週間くらいの旅行でも充電器を持たずに出かけられそう。

またメニューからバッテリーの残量が確認できるのは地味に便利だ。


シャッター音

バチバチと小気味良い。
しかし音が大きいので動物などが逃げてしまうという難点も。

音を気にしなくていい状況であればテンション上がる。


ファインダー

視野率約100%。
ただし実際には97%程度らしい。気になることは少ないが時々残念。


オートフォーカス

それなりのレンズと組み合わせればさすがの爆速。
特にAF-Cの食い付きが素晴らしい。DXフラッグシップは伊達ではない。


ライブビュー

AFは遅いが三脚立てての風景撮影などに用いるなら許容の範囲。


防塵防滴

本体は防塵防滴だけどレンズはそうじゃないって言う。
実際現行の高価なレンズはシーリングされていて実質防塵防滴ということだが、あくまで自己責任でといったところらしい。


携帯性

同世代のFX機に比べれば小さいが、やはり大柄。

バッテリーグリップ装着で大口径標準ズームを付けると2kgを超える重さになり、体力を試される。


総評

使い勝手の面で新しいものには後れを取るが、十分に現役で使っていける性能。
D7100が出た今でも連写速度ではDX機最速であったりと十分な存在感を持っている。

高い動体AF性能、連写速度、それにシャッター音などが素敵ポイント。

満足度は90点。


関連用品

バッテリーパック MB-D10

D700と共通で利用できる縦グリップ兼拡張バッテリーパック。

組み合わせるバッテリーによってバッテリー寿命が延びるだけでなく連写速度が変化。
通常は7コマ/秒だが、EN-EL4aを利用すると連写速度が8コマ/秒となり、単3電池8本使用で7.7コマ/秒となる。

重さはBL-3+EN-EL4aを装着した状態で448g。
本体と合わせると約1.2kgとなりなかなかの重量。

すでに生産終了となっていて新品購入は難しい。
それに乗じて精巧な模造品が出回っている。保証書なしの新品はパチモノと思った方が良い。
中古でも念のためニコンSCでの点検がおすすめ。

模造品の出来も良いらしいので価格に納得がいけば良いかもしれない。
それと気付かず使い続けている人も多いようだ。

バッテリー

本体に付属しているのはEN-EL3e。

バッテリーグリップと組み合わせると単3電池(エネループも可)やEN-EL3e、EN-EL4aなどを利用できる。
なおEN-EL4aを使うためにはBL-3と充電器のMH-21も必要になる。

バッテリー室カバー BL-3

MB-D10でEN-EL4aを使うためのフタ。
最大限の連写性能を発揮するために必要だが、既に生産終了。なので中古で探すほかない。

ワイヤレスリモートコントローラーセット WR-10

少々値は張るが赤外線式のリモコンと違ってレスポンスがよく使用感は素晴らしい。
ケーブルレリーズの代わりとして遜色なく使える。

これは良いものだ。

ケーブルレリーズ

種類がありすぎて何を入手したらいいのかわからない件について。

WR-10でだいたい間に合うので必要性は感じない。
バルブ撮影をしたいときがあれば(WR-10ではずっとボタンを押していないといけないのでめんどくさいのと電池消費が心配)それ用に便利なものをチョイスしたい。

RRS Lブラケット

もともと望遠でしか使う気がないし、望遠レンズは三脚座があるし、よく考えたら本体を直接三脚に取り付ける機会はないんじゃないかと、手に入れてから思った。

その後望遠以外のレンズも増えたが、その頃はD800の使用がメインになってしまったこともあり、実際使うことがなかった。


後で修正

Spec  
有効画素数 約1230万画素
撮像素子 23.6×15.8mmサイズCMOS、総画素数 約1230万画素
記録媒体 コンパクトフラッシュ、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード
インターフェース USB2.0、AV出力端子、外部電源端子、外部レリーズ端子、10ピンターミナル、HDMI出力端子、外部マイク入力端子
ファインダー ペンタプリズム 視野率100% 約0.94倍
シャッター 1/8000秒〜30秒
連写 7コマ/秒(MB-D10使用時7コマ/秒〜8コマ/秒)
幅 x 高さ x 奥行き 147mm x 114mm x 74mm
質量 840g(バッテリーとメモリーカード除く)

Link

NIKON製品情報
価格.com

Example

300_3607.jpg
Ai AF-S NIKKOR 300mm f/4D IF-ED
1/1000s f/5.6 ISO250 300mm

300_3929.jpg
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
1/250s f/4.0 ISO640 200mm

300_4812.jpg
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
1/50s f/8.0 ISO280 24mm

300_4536.jpg
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
1/640s f/4.0 ISO280 62mm

300_5087.jpg
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
1/125s f/1.4 ISO200 50mm

300_5045.jpg
AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
1/100s f/5.6 ISO200 28mm

300_5171.jpg
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
1/1600s f/4.0 ISO200 50mm

300_4476.jpg
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
1/100s f/5.6 ISO320 48mm

300_4431.jpg
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
1/1250s f/2.8 ISO200 70mm

300_4579.jpg
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
1/100s f/7.1 ISO250 24mm

300_5514.jpg
AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G ED II
1/125s f/8.0 ISO200 38mm

300_3128.jpg
Ai AF-S NIKKOR 300mm f/4D IF-ED
1/1000s f/5.6 ISO450 300mm

300_3331.jpg
Ai AF-S NIKKOR 300mm f/4D IF-ED
1/1000s f/4.5 ISO200 300mm

300_3612.jpg
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
1/1000s f/2.8 ISO100 200mm