D750

バランスに優れたFXフォーマット中級機

性能と携帯性のバランスおよびチルト液晶にひかれて購入。
フルサイズの中級機として期待をやや上回るカメラ。

Good

  • 上級機に劣らない画質およびAF性能
  • 性能と携帯性のバランスが非常に良い
  • チルト液晶がハイアングルやローアングル撮影に便利
  • 強化された暗所AF

Bad

  • ノーセキュリティのだだ漏れWifi
  • クロップモードでファインダーの撮像範囲外をグレーアウトできない

描写性能

2400万画素FXフォーマットセンサーと言うことで、解像感、高感度耐性、ダイナミックレンジもろもろ不満なし。むしろ非常に満足。
前に所有していたD800のような高画素機と比べても目に見えて劣った印象はなく、なんのためらいもなく乗り換えることができた。

高感度はISO3200までは常用の許容範囲内。シーンによってはISO6400やISO12800も使っていって大丈夫。
フルサイズならではの高感度耐性はシャッタースピードを必要とする望遠レンズとの組み合わせで特に心強い。

D4Sなどと同様に色味が以前の黄色が強いものからよりニュートラルなものに変更された機種となっている。
これは個人的には好ましく、D800との大きな差別点になっている。

ホワイトバランスもオートホワイトバランスでだいたいうまいことやってくれるなど、描写性能に関しては何も言うことはない。


使い勝手

この機種の目玉のひとつであるチルト液晶。楽な姿勢でローアングルやハイアングル撮影ができることで機動性が上がったのを実感として感じる。
耐久性が落ちると嫌う向きもあるが、個人的にはチルトやバリアングルは歓迎。

AFモジュールは上級機と同等性能のものを積んでいるということで特に不満なし。加えて現行のニコンの一眼レフでは随一の暗所AF性能を持ち、かなりの暗がりでも補助光により素早く合焦する。
カメラ任せで何でも撮れるというわけではないが、動体撮影ではさすがの食いつきが心強い。

ライブビューのAFに関しても動体を追うのは難しいと思うが、三脚立てての風景撮影などに用いるなら何も問題ないAF速度。

連写速度は6.5コマ/秒ということでたまにしか動体撮影をしない身としては十分。

シャッター音はカシャカシャと控えめな音。とは言えそれほど静かでもなく。可もなく不可もなく。

ファインダーは公称視野率約100%。例によってなんちゃって100%であり、ファインダーでカットしたはずの部分が微妙に写ることあり。
とは言えフルサイズの広いファインダーはやっぱり見やすくて良い。

ほか細かい操作性は上級機に劣ると感じることもあるが、概ね不満はなし。
シャッター速度の上限が1/4000sということで大口径単焦点を開放で使いたいときに少し難儀するが、これも大きな不満ではない。

クロップモードはDXクロップで1000万画素はあるので十分に実用の範囲内。
ただし上級機と違ってファインダーがグレーアウトするように設定できないのが微妙に使いづらい。こうしたクロップモードの使い勝手はやや不満。

Wifiはせっかく付けてくれたけど有効にしている間は誰でも自由に接続できるというおおらかさ。悪いけど使う気にならない。
とは言えもともと重要視する機能ではないので個人的には大きな減点とはなっていない。


バッテリー

VR付きのレンズを使っていると思ったより早く減っていくが1日は問題なく持つかんじ。
一泊二日の旅くらいなら予備無しで出かけられる。二泊三日では予備バッテリーが欲しくなる。(1日300枚くらい撮影)

メニューからバッテリーの残量がパーセンテージで確認できるのは便利。


携帯性

重量はバッテリーとSDカード込みで840gとまずまず押さえられており、一眼レフのフルサイズ機としては十分に小型軽量の部類。
というかチルト液晶を搭載していながらD610より軽量で小さい。

実感としてはサイズがD800系に比べて一回り小さく扱いやすくなったことに満足している。実はこれが乗り換えの主な要因のひとつ。
おかげで他のカメラと二台持ちなどもやりやすくなり、D800だと持ち出しを諦めていたようなケースでもD750なら持ち出せるようになったと言う。

そういった携帯性を実現したのは炭素繊維複合素材のモノコック構造ボディによるものだそうで、公式の能書きもなんだかスゴイ。


総評

携帯性と性能のバランスが非常に良く、加えてチルト液晶のような便利なギミックも搭載。
D800もいいカメラだったが、フットワークが軽くなるD750の方が自分にはマッチしていると感じた次第。

満足度は110点。これはいいカメラ。


他機種との比較検討

同じ時期のカメラなどと。

D810

D800/D800Eよりも高感度に強く、色味が以前の黄色が強いものとは違うなど個人的には好ましいブラッシュアップがなされている。

ただ大きさがD800と同じなので、その大きさに不満を覚え始めていた者としては購入対象にはならなかった。

風景写真などで画質をつきつめるならD810がいいだろう。なんだかんだ高画素ならではのトリミング体験も捨てがたい。

D610

ニコンのシステムを保有している理由のひとつがAF性能のベンチマークであるため、AF性能が劣るD600系は選択肢に上がらず。
ただそれがなくてもチルト液晶や高感度耐性の差(RAWでは同等らしいが)などD750の方に軍配をあげていたかと思う。

しかし基本的な画質などは大きく変わらないはずなので、そうしたプラスαの部分に価格差分の価値を感じなければD610が賢い選択とも言える。

D4S

フラッグシップは憧れだが、高価である、デカいということであまり惹かれるものがなかった。
バイクと徒歩が主な移動手段である自分にとってはやはり常用できるサイズを超えてしまっている。

Df

グリップの悪さから一度は所有しつつも手放した機種。
コンパクトなレンズとの組み合わせならグリップの不満もなく非常にステキなのだが。


メンテ記録

フレア対策 2015/03

問題の状況が発生したのでレアケースだが一応対応。一週間経たずに戻ってきた。


スペック

   
有効画素数 約2432万画素
撮像素子 35.9×24.0mmサイズCMOS、総画素数 約2493万画素
記録媒体 SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード
インターフェース USB2.0、AV出力端子、アクセサリーターミナル、HDMI出力端子、外部マイク入力端子、有線LAN
ファインダー ペンタプリズム 視野率100% 約0.7倍
シャッター 1/4000秒〜30秒
連写 6.5コマ/秒
幅 x 高さ x 奥行き 140mm x 113mm x 78mm
質量 750g(バッテリーとSDカード込みで840g)

関連用品

バッテリーパック MB-D16

D750専用の縦グリップ兼拡張バッテリーパック。
EN-EL15、単3電池等を拡張バッテリーとして入れることが出来る。またACアダプターEH-5bを使えるようになり、外部電源駆動も可能になる。

これをつけると許容範囲外の大きさになるケースが多いため未購入。
とは言え望遠レンズを使用していると欲しくなる時がままある。

Amazon マルチパワーバッテリーパック MB-D12

バッテリー

D800と共通のEN-EL15。近いクラスの機種で使い回せるのはうれしい。

Amazon EN-EL15

ワイヤレスリモートコントローラーセット WR-10

少々値は張るが赤外線式のリモコンと違ってレスポンスがよく使用感は素晴らしい。
ケーブルレリーズの代わりとして遜色なく使える。

これは良いものだ。

ボディ側のレシーバーの付け外しがややめんどくさいが、連続使用するようならカメラに付けっぱなしでもさほど邪魔にならず、そのままバッグに放り込んでおけるので大きな問題ではない。

Amazon ワイヤレスリモートコントローラーセット WR-10

ケーブルスイッチ

種類がありすぎて何を入手したらいいのかわからない件について。

WR-10でだいたい間に合うので必要性は感じない。
バルブ撮影をしたいときがあれば(WR-10ではずっとボタンを押していないといけないのでめんどくさいのと電池消費が心配)それ用に便利なものをチョイスしたい。

Kirk Lブラケット

KirkのD750専用Lブラケットを購入。
さすがのフィット感で付けっぱなしで違和感なし。

三脚を持たないときにはさすがに外していくが、三脚持参の時にはずっと装着した状態で持ち歩いている。
多少値は張るが専用のものはやはりいい。


 

Link

NIKON製品情報
価格.com
Amazon

Example