D800

エポックメーキングな高画素機

Good

  • 素晴らしい画質
  • 極めて高いトリミング耐性を実現する3630万画素
  • 視野率100%のはずのファインダー
  • 動体AFの食い付き
  • 背面液晶が見やすい
  • 防塵防滴
  • クロップモードでも1600万画素と十分な画素数を確保
  • クロップモード時にファインダーの撮像範囲外をグレーアウトできる

Bad

  • ファイルサイズが大きい
  • RAW現像に時間がかかる
  • 連写速度が遅い

コメント

初のフルサイズ機として購入。
超高画素機として新しい世界を垣間見せてくれるカメラ。


画質

3630万画素という高画素の力業と画像処理エンジンの進歩をまざまざと感じさせられる文句のない画質。
解像力の高いレンズを使えば広角遠景でも大胆にトリミングができてしまうというよく分からない使い方も出来る。

ダイナミックレンジも広く一眼レフを使う喜びを感じる。


高感度耐性

Lightroomで現像すればISO1600までは常用の許容範囲内。
等倍で見ると暗部ノイズは目立つが、鑑賞サイズではそれほど気にならない。トリミングしようとすると気になるかもしれないが。

ISO6400くらいでもシーンによっては十分な画質を得られるが、暗部ノイズは鑑賞サイズでもけっこう気になる。

高画素機としては十分がんばっていると思うが、フラッグシップ機のような驚きの高感度性能はない印象。


感度設定

ISO100が基準ISOとなり満足のいく設定範囲となった。

ISOオートの使い勝手が良い。
レンズの焦点距離に合わせてシャッター速度の低速限界を自動で判断してくれる機能はD700、D300Sの世代にはないもので、旧機種に対する大きなアドバンテージ。
ISOオートのオンオフを物理スイッチで素早く切り替えられるのも快適で、これも新しい機種のみの恩恵。

またISOを上げる閾値も設定でき、手ブレ防止のためシャッター速度を重視するか、画質優先で低ISOを重視するかを好きなようにカスタマイズできるのも良い点。


オートホワイトバランス

オートホワイトバランスでだいたいうまいことやってくれる。


バッテリー

VR付きのレンズを使っていると思ったより早く減っていくが1日は問題なく持つかんじ。
一泊二日の旅くらいなら予備無しで出かけられる。二泊三日では予備バッテリーが欲しくなる。(1日300枚くらい撮影)

メニューからバッテリーの残量が確認できるのは便利。

ところで同梱のバッテリーが一ヶ月半程度の劣化度1になってしまい、これはちょっとあんまりだとニコンで交換してもらったものも同様に劣化度1になってしまった。
一方で予備として購入したバッテリーは数ヶ月経っても劣化度は0のままだった。その後気にしないでいたら半年後くらいに劣化度1になっていた。全然気にしなくなっていたので、いつ劣化度1になったのか分からない。

と言うわけであまり早く劣化してしまうバッテリーは不良のある品なのかもしれない。できれば交換してもらうといいだろう。

しかし予備バッテリーもそこまで高くはないし、劣化度1になっても使えなくなるわけではないし、交換してもらうのがめんどくさいし、ということで自分はもう即劣化したものも気にせずそのまま使っているが。

短時間に連写で900枚撮ると残り80%の状態だった。
連写でたくさん撮るのはそんなにバッテリーを消費しないものらしい。


背面液晶

晴天屋外でも背面液晶が見やすいのは地味に良いなと感じた部分。

初期ロットでは緑被りなどの問題で物議を醸したが、自分の持っているものは問題なし。


シャッター音

カシャンと甲高い音。
音が大きいので動物などが逃げてしまうという難点がある。


ファインダー

公称視野率約100%。

でも自分の所有する個体はファインダーでカットしたはずの部分が微妙に写る。
視野率100%とは何だったのか。

まあ余計な部分はトリミングすればいいんだけど。画素数余りまくりだし。
なんかちょっと悔しいだけ。


オートフォーカス

それなりのレンズと組み合わせればさすがの爆速。
特にAF-Cの動体食い付きが素晴らしい。あんまり動体撮らないけど、たまに撮ることがあると。

D4と同じAFモジュールらしいが、初動はD4の方が速いらしい。


連写速度

FXだと4コマ/秒。
DXだと5コマ/秒で、MB-D12にEN-EL18か単3電池(エネループ)を入れて使用すると6コマ/秒となる。

連写はそんなに必要としていないので不満はないが、他機種に比べ劣るのは確か。
3630万画素の14bitRAWでここまで連写できるというのは技術的には実は凄いことなのかもしれないが。


ライブビュー

動体を追うのは難しいと思うが、三脚立てての風景撮影などに用いるなら何も問題ないAF速度。


防塵防滴

本体は防塵防滴だけどレンズはそうじゃないって言う。
実際現行の高価なレンズはシーリングされていて実質防塵防滴ということだが、あくまで自己責任でといったところらしい。


クロップモード

DXクロップでDXレンズも問題なく使えるほか、1600万画素という満足のいく画素数を確保できる。
D300Sを手放したのはこのクロップモードが余りにも実用的で便利だったから。

FXとDXを高いレベルで両立できるというのは今のところD800とD800Eだけだ。

クロップモード時にファインダーの撮像範囲外をグレーアウトできるのは非常に見やすい。


携帯性

さすがに大きく重い。ボディのみ(バッテリーとSDカード込み)で1kgというのはなかなかのもの。
更にバッテリーグリップを付けるとお腹いっぱいなかんじ。

携帯性を気にするシーンでは持ち出す気にならない。


総評

ファイルサイズが大きくRAW現像に時間がかかるのが煩わしいが、それ以外は何の不満もないカメラ。(携帯性や連写性能に関しては納得ずくで使っているので不満はない)

3630万画素は伊達ではなく極めて高い画質を提供してくれる。
ここまでの高画素でも優れたレンズを使えば等倍でもしっかりと解像するので、トリミング耐性が他機種とは異次元。しかしトリミングの必要がない場合は逆に等倍鑑賞が何故か馬鹿らしく思えてくる画素数でもある。何故だろう。

満足度は100点。


他機種との比較検討

万人向けの比較を語れるほど各機種のスペックに精通していないので、自分の場合の選択理由など。

D800E

ローパスレスによる解像感の差は大きいとか小さいとかいろいろ言われていて大いに悩んだが、とりあえず無印の方を使ってみようという考えと価格差からD800となった。

時々D800Eを試して見たくなるが、D800の画質で十分満足しているので実際そっちに行くことは当分無いと思う。

D600

AF性能の差や各種ボタン類などのインターフェースの使い勝手で迷わずD800を選んだ。
特に「AF-ON」ボタンが「AF-L/AE-L」ボタンと共用なのはいただけない。

ニコンはカメラが小さくなってもレンズが大きいんだよなあ・・・ということで携帯性もさほど魅力的には映らず。

ただリモコンなどのアクセサリーが安いのはいいかもしれないと思った。

D700

中古で半額程度なのでとりあえずのフルサイズ機としては魅力的な選択肢だった。
しかしファインダー視野率とISOオートの使い勝手から候補外となった。

D3S

シャッター音や驚異の高感度耐性などフラッグシップならではのフィーチャーがとても魅力的。
中古価格がなかなか落ちない、ISOオートの使い勝手が未成熟、DXクロップ時の画素数が非実用的、デカいという点でD800に走った。

D4

フラッグシップは憧れだが、高価である、デカいということであまり惹かれるものがなかった。
驚きの高感度耐性を味わってみたいが、バイクと徒歩が主な移動手段である自分にとって常用できるサイズを超えてしまっている。

Df

D4センサーを比較的小さなボディに搭載した期待の機種。
個人的にD800からの乗り換えも考え実際購入して試したが、グリップの貧弱さゆえに大型のレンズとの組み合わせのバランスが悪くD800の代替にはならないと判断。

さほど大きくないレンズと組み合わせるならカッコイイし言うことはないカメラ。特に高感度画質がスゴイ。

D810

D800とD800Eが合体してD810になった!ラインナップがローパスレスのみに。
ローパスレスで解像力が増しているのに加え、D4S以降の色の出方になり個人的にはより好みの画質となった。

D750

携帯性と性能のバランス、チルト液晶にひかれて買い換え。

シャッター速度が1/4000sなので大口径レンズを晴天時に開放で使おうとすると露出をコントロールしきれない。
クロップモード時にファインダーの撮像範囲外をグレーアウトできないので不便。

といったわずかな不満はあるが、画質もAF性能もほぼ遜色なく概ね満足。
自分にはD750がD800系よりマッチした選択だった。


メンテ記録

後ピン調整 バッテリー交換 2013/03

D800で撮った写真が全体的にパッとしないなとは思っていたが、評価の高い14-24でもイマイチというのは流石におかしいと思い点検に出したら後ピンだった。

また購入数ヶ月で早くもバッテリーの劣化度が1になってしまったので、こちらも何かおかしいことがないのか調べてもらったが、本体には異常がなくバッテリーだけ交換となった。

いずれも保証期間内につき無料。

バッテリー劣化度1 2013/04

交換してもらったバッテリーが1.5ヶ月で劣化度1になった。
点検に出すと10日ほど使えなくなるのが痛いので、消耗品と諦めてとりあえずしばらくこのまま使ってみる。

純正バッテリーでも4000円くらいだしね。
でも今後の劣化のペース次第ではまた少し考える。

点検 2013/10

保証が切れる前に一度点検してもらった。
問題なし。

バッテリーその後 2013/11

予備として購入したバッテリーはすぐに劣化することはなかったが、半年経って劣化度1となった。
極端にライフが短くなったとかそういう不満は感じていないので、そういうものだと納得して使う。

売却 2014/11

D750召喚の生け贄となった。

ほぼ不満はなかったが携帯性の面であと一歩しっくりこない感があったのがD750に走った原因。


Spec  
有効画素数 約3630万画素
撮像素子 35.9×24.0mmサイズCMOS、総画素数 約3680万画素
記録媒体 コンパクトフラッシュ、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード
インターフェース USB2.0、AV出力端子、外部電源端子、外部レリーズ端子、10ピンターミナル、HDMI出力端子、外部マイク入力端子
ファインダー ペンタプリズム 視野率100% 約0.7倍
シャッター 1/8000秒〜30秒
連写 4コマ/秒(DXクロップ時 5コマ秒〜6コマ/秒)
幅 x 高さ x 奥行き 146mm x 123mm x 81.5mm
質量 900g(バッテリーとSDカード込みで1000g)

関連用品

バッテリーパック MB-D12

D800専用の縦グリップ兼拡張バッテリーパック。

付けていると自然と縦位置撮影が増えるなど、確実に撮影の幅を広げる助けになっていると感じる。
しかしトータルのサイズと重量がかなり大きくなるのが悩ましく、残念ながら使用頻度は低い。

EN-EL15、EN-EL18、単3電池等を拡張バッテリーとして入れることが出来るが、しかしこれにバッテリーを入れてしまうと重さが明らかに許容範囲外になるので、DXでの連写が必要な場合以外はバッテリーを入れることはない。
EN-EL18や単3電池を入れることでDXモードで6コマ/秒まで可能になる。

少々値は張るがD800を長く使っていく決心が付いたときにすぐに購入したアイテム。だが有効活用するためには筋トレをしつつ大きなバッグを用意する必要がありそうだ。

ちなみにMD-B10と同様に模造品が出回っているようなので注意されたし。

Amazon マルチパワーバッテリーパック MB-D12

バッテリー

本体に付属しているのはEN-EL15。

バッテリーグリップと組み合わせるとEN-EL18や単3電池などを使うこともできる。

Amazon EN-EL15

バッテリー室カバー BL-5

MB-D12でEN-EL18を使うためのフタ。

Amazon バッテリー室
カバー BL-5

Amazon EN-EL18

ワイヤレスリモートコントローラーセット WR-10

少々値は張るが赤外線式のリモコンと違ってレスポンスがよく使用感は素晴らしい。
ケーブルレリーズの代わりとして遜色なく使える。

これは良いものだ。

ボディ側のレシーバーの付け外しがややめんどくさいが、連続使用するようならカメラに付けっぱなしでもさほど邪魔にならず、そのままバッグに放り込んでおけるので大きな問題ではない。

Amazon ワイヤレスリモートコントローラーセット WR-10

ケーブルスイッチ

種類がありすぎて何を入手したらいいのかわからない件について。

WR-10でだいたい間に合うので必要性は感じない。
バルブ撮影をしたいときがあれば(WR-10ではずっとボタンを押していないといけないのでめんどくさいのと電池消費が心配)それ用に便利なものをチョイスしたい。

RRS Lブラケット

専用のものでなく汎用のものを使っている。
専用品のフィット感はないが、三脚使用時のみ利用する分には何も問題ない。


 

Link

NIKON製品情報
価格.com
Amazon

Example

800_4263.jpg
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
1/1000s f/2.8 ISO100 200mm

800_0896.jpg
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
1/640s f/8.0 ISO100 22mm

800_5631.jpg
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
25s f/2.8 ISO200 14mm

800_5507.jpg
Sigma 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM
1/160s f/16.0 ISO100 12mm

800_6655.jpg
AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
1/500s f/5.6 ISO2000 400mm

800_5140.jpg
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
1/320s f/4.0 ISO100 55mm

800_5354.jpg
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
1/125s f/8.0 ISO800 120mm

800_2945.jpg
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
1/200s f/5.6 ISO100 50mm

800_2942.jpg
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
1/320s f/5.6 ISO100 50mm