AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

単焦点殺しの超広角ズーム

Good

  • F2.8の明るさ
  • 開放から遠景撮影が可能
  • シャープで緻密な描写力
  • 素直なボケ味
  • 単焦点と互角以上の画質
  • インナーズーム、インナーフォーカスのため鏡胴が伸びない
  • M/Aモード対応
  • ナノクリスタルコート

Bad

  • 逆光でゴーストが出やすい
  • フィルターが使用できない

コメント

ニコンのカメラを使うならこれは試しておかねばなるまいと手にした一本。
評判に違わぬ最高峰の超広角レンズ。


描写の傾向

解像力は非常に高く、広角側などは絞り開放で遠景撮影もできてしまうという凄まじさ。それほどに開放から周辺までシャープに写る。もちろん絞ればそこから更に安定した画質となる。
また単にシャープなだけでなく繊細な質感の表現も持ち合わせており、フレーム内の個々の物体の存在感がよく出て強い臨場感をかもし出す描写力。これは素晴らしいの一言。

四隅の流れも皆無と言っていいほど見られない。ここまでの超広角なのでいくら評判がよくてもある程度はあるだろうと覚悟していたが、良い意味で裏切られた。
色収差もかなり少なく、広角レンズにありがちな欠点が見事に潰されている。

ボケ味も広角レンズらしからぬ素直さで、開放で寄って広角マクロ的に使えばなかなかのボケを得られる。

歪曲は14mmでは画角なりでそこそこある。しかし個人的には自然の風景を撮影することが多いので気になることは少ない。また樽型の素直な形なので気になったとしても補正は容易。
望遠側に行くほど歪曲は少なくなるが、パースやデフォルメ効果が激しいのでレンガ撮影では歪曲が目立たなくても実写でいろいろ写すと不自然さは出やすい。このあたりは超広角の味と割り切って楽しむのが吉。

泣き所としては逆光ではゴーストがいとも簡単に出ること。フレアはよく抑えられているがこちらも出るときは出る。
十分逆光に強いと言える性能だと思うが、超広角であることからもゴーストは回避が難しい場合も多く、出れば色鮮やかで目立つのがやや残念。

周辺減光に関しては超広角にしては抑えられていて、開放ではそこそこ見られるが二段絞ればほぼ解消する。


使い勝手

全域が超広角なので使いどころは選ぶが、ズームによる画角調整の余地があるというのはやはり便利。
妥協のない画質でこの利便性を享受できるというのはかなりうれしい。

開放からしっかりとした画質なので特に星景や夜景に使いやすく向いている。
一方で晴天の屋外ではゴーストに悩まされることが多く、使いにくさを感じることも。

DXでは換算約21mm〜36mmになるがそれでも十分な広角で、かつスナップに使いやすい画角となる。
しかしもともと周辺画質の優れたレンズなので、DXでレンズの中央だけ使うことによる画質のメリットはあまりない。

いわゆる出目金レンズなのでフィルターの使用ができないのは残念な点。


携帯性

太くて大きくて重い。さすがに良いとは言えない。
ただスペック上レンズ本体の長さは24-70/f2.8Gとほぼ同じだが、フードの大きさがないのでその分だいぶ短く感じる。

D800のような大きなカメラと組み合わせたときのバランスは良く、取り回しは割と軽快。


総評

満足度は120点。

単焦点をしのぐ性能というのは過大評価ではなかった、というのがしばらく使ってみての結論。
ズームレンズで画質が単焦点並みと言っても、やはりハイエンドの単焦点には一歩譲るのが普通。しかしこのレンズはガチの単焦点殺しだった。

ゴーストの出やすさやフィルター使用不可という欠点をおいても満足度は最高。
サイズと価格さえ問題なければこのレンズで広角はもうOK・・・と言いたいが撮影倍率が低いなどこれ一本ではこなせない面もやはりあるけど。

ともあれ、ほかに代替の効かないレンズとして大三元の中でも一番価値を感じる一本。


他のレンズとの比較

AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

手ブレ補正がついていて、カバーする画角も広く、サイズや重さも小さい上にフィルターワークも可能と、F値が一段暗いのを差し引いても使い勝手は16-35mm f/4Gの方が良い。

一方で画質に関しては14-24 f/2.8Gに大分引き離されているようだ。
作例を見ても14-24に比べて、きめの細やかさがやや劣る印象。

Ai AF NIKKOR 14mm f/2.8D ED

最短撮影距離が20mmなのでより接写ができる、サイズや重量が小さいといったメリットがあり、解像力も14 f/2.8Dの方が高いようだ。

しかし像面湾曲の傾向があり絞らないと周辺まで安定した画質が得られないとのこと。
と言うことなので開放から使いたいならば14-24 f/2.8Gの方がよいだろう。

AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

24mmでの比較。

画質面では解像力や緻密さは24 f/1.4Gの方が上。パースも大人しめでより自然な表現力。しかし双方ハイレベルで差はわずかなもの。ボケ味は甲乙付けがたいが、より寄れてより明るい24 f/1.4Gの方が大きなボケを作ることができ、背景をすべて溶かしてしまうような表現も可能。

使い勝手では携帯性やフィルターが使えるという点で24 f/1.4Gが、ズームできると言う点で14-24 f/2.8Gがそれぞれ勝っている。

と言うわけで選択材料はそれぞれにあるが、単純に考えるとフィルターが使える、F1.4の明るさ、接写による大きなボケなどを活かした使い方をしないのならば24 f/1.4Gを選ぶ意味はないだろう。

Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FX

開放から隅々まで良く写るみたいな超絶性能が必要なければ十分以上に高い性能でコストパフォーマンスが高い。
広角端は狭いが望遠端が長いので使い勝手は一長一短。
望遠端が長くボケ味もよいので広角マクロ的な使い方ではやや純正に勝る。

Sigma 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM

このレベルの広角の2mmの差はかなりのもので、このレンズにしかできない表現がある。
画角を重視するなら大幅に軽量でコストパフォーマンスも高いのでこちらを選ばない理由はない。

画質も基本的には悪くないが、ただ周辺の甘さが残念で、遠景などではF11まで絞るのがデフォルト。それでもなお甘いと言う。周辺画質が気にならない用途には申し分ない性能。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

24-70 f/2.8Gの描写も十分に良いものだが、24mmで比較すると遠景の周辺画質や色収差など差は明らか。
もちろん14-24 f/2.8Gの圧勝。


メンテ記録

点検 2013/03

D800ほぼ同時期に手に入れて、その組み合わせで使っていたがイマイチ納得できない絵がほとんど。世評とかけ離れすぎていて、流石にこれはおかしいなあ、と思いD800ともども点検に出してみた。

結果はD800が後ピン。
で、調整されて戻って来たら、真の実力が発揮されて凄まじいことになった。


関連用品

フィルター

一般的なネジ込み式のフィルターは使えないが、LeeやCokinなどの角形フィルターを使う手段はある。

しかし取り付けや持ち運びに難儀しそうで、そこまでして使いたいかと言われると即答できない。フィルターと前玉の間から光が入り込むせいで映り込みの問題もあるようだ。

スポンジで角形フィルターを使うためのフレームをDIYしている人もいるみたい。

Amazon Cokin P499

最終更新: 2015-10-02


 
Spec  
構成枚数 11群14枚
最小絞り F22
最短撮影距離 0.28m(18-24mm)
最大撮影倍率 0.15倍
フィルター径 -
最大径 x 長さ 98mm x 131.5mm
質量 1000g
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
発売日 2007-11-30

Link

NIKON製品情報
価格.com
Amazon

Example