AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

キラーレンズ

Good

  • F1.4の明るさ
  • 開放からシャープで臨場感のある描写力
  • 寄れる(最短撮影距離25cm)
  • 素晴らしいボケ味
  • 逆光に強い
  • インナーフォーカスのため鏡胴が伸びない
  • ナノクリスタルコート
  • M/Aモード対応

Bad

  • 前ボケが若干うるさい傾向

コメント

作例に強く惹かれて購入した一本。
凄まじい描写力を持つレンズ。


描写の傾向

ハイエンドの単焦点らしい緻密な描写力と、広角離れした美しいボケ味が素晴らしい画像を提供してくれる。何気ない物が良く写ってしまう反則レンズの類い。非常に繊細で柔らかな写りをする。

開放でもピント面はシャープでしっかりと解像するが、周辺は甘さや大きな光量落ちがある。
二段絞ったF2.8辺りで周辺までかなり安定し、このあたりですでに遠景に使っても遜色ない性能となる。ピークはF4〜F8程度なので、全域シャープに写したければその辺りまで絞るのが良い。

広角の遠近感を活かしたダイナミックな表現が可能である一方、歪みやデフォルメなどは控えめで、自然な写りをすることが多い。
F1.4の明るさがあるので寄って絞りを開ければ背景を大きく溶かしてしまうような描写も可能。

ボケ味は広角とは思えないほど柔らかで、アウトフォーカス部分は溶けるように自然にボケていく。このボケ味は正直言って格別だ。
前ボケは若干うるさいが、絞ればおとなしくなる。

逆光耐性は高く、フレーム内に光源が入ってもフレアは出ないか出ても軽微なもので、コントラストの低下も見られない。ただしゴーストはやや大きく色鮮やかに出ることが多い。

色収差は良く補正されており、等倍ではさすがに皆無とは行かないが、鑑賞サイズで目に付くことはない。


使い勝手

手ブレ補正はついていないが、開放からシャープなレンズゆえに絞りを開けてシャッタースピードを稼ぐことはできるため、光量条件が悪いシーンにもまずまず対応できる。

AFはさほど速くもないがストレスを感じるほど遅くもない。
M/Aモード対応のためAFとMFの併用も快適で、MF時にはピントの山も見やすい。

最短撮影距離25cmに最大撮影倍率0.18倍と、広角マクロ的な使い方にも十分なスペックで、明るさを活かせば様々な表現が楽しめる。

DXでは換算36mmの準広角となりスナップに使いやすさが増す。
レンズの中央部分だけ使うため、開放からより周辺までより安定した画質になるが、絞った場合はそんなに変わらない。


携帯性

大口径のレンズなので仕方ないものの、広角単焦点としてはやや大きめのサイズと感じてしまう。
常時バッグに控えさせておくには少し厳しいサイズと重量。

とは言え必要ならばためらわずに持ち出せるレベルではある。

D800のようなFX機とのバランスは良好で、取り付けると堂々たる姿。取り回しにも問題はない。


これは凄いレンズ。
他のマウントを含めて見渡しても24mmでこの描写をするレンズはないのではなかろうか。

満足度は110点。
使い込めばもっと上がるはず。


他のレンズとの比較

同じ焦点距離をカバーするレンズと軽く比較してみる。
使ったことのないものは世評や作例をもとに。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

このレンズがあれば24mm f/1.4まで持たなくても十分かな、などと思ってしまうくらいの性能。

とは言えさすがに24mm f/1.4の方が描写力は高く、より緻密な写りでボケ味も優れている。特に開放の描写は14-24ではどうしたって得られない。
また14-24は広角ならではのデフォルメ効果(被写体が四隅に引っ張られて歪んだりするなど)がより強く出るので、自然な描写をするのも24mm f/1.4の方。
ただ14-24の方がメリハリのある描写をするので、風景などには14-24の方が向いている気がする。

使い勝手の面ではズームの利便性が大きい。三脚立てて風景撮影するにはやっぱりズームは便利。
が、一方で大柄なので取り回しの良さやフィルターが使えない点と言うでは劣っている。

いずれにせよどちらもとてもハイレベル。両方ともFマウントの宝と言って差し支えない。

AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G

焦点距離もF値も近似した明るい広角だが、微妙な違いが大きな違いでもある。

28mm f/1.8Gはシャープでヌケの良い優れたレンズだが、ハイエンドのレンズが持っているような凄みは持ち合わせていない。そういうわけで感動的な描写をするのは24mm f/1.4Gの方。しかし逆に言えば28mm f/1.8Gの方が自然で癖のない描写をするとも言える。

このあたりは単純な描写力の上下というよりは性格の違いと見た方がいいのかなという気がする。
実際28mm f/1.8Gの描写も全くと言っていいほど不満を覚えたことがない優れた物だ。

接写での広角マクロ的な使い方では焦点距離が長い分28mm f/1.8G方が実は大きなボケが作れる。しかもかなり良いボケ味だ。
しかし24mm f/1.4Gのボケ味は格別でスペシャルなので、ボケ味を追求するなら24mm f/1.4Gの方を選ぶしかない。

焦点距離で言うと広角の4mmの違いはスペック上は微妙な違いに見えて実際使うとけっこう違う。よりダイナミックな表現を求めるならば24mm、少し自然に写したいならば28mm。ここでも若干の性格の違いが生まれる。

なお描写力以外の面を見ると携帯性、スナップでの使いやすさ、コストパフォーマンスなどは28mm f/1.8Gの方が明らかに上だ。

以上を踏まえた上で、どちらか一本と言うことであればどちらのレンズの性格がより自分の使い方にマッチするかどうかをよく考えた上で選択すると良いだろう。万人向けにこちらを選べば問題ない、という回答はない。
端的に言うと感動を求めるなら24mm f/1.4G、汎用性や気軽さを求めるなら28mm f/1.8Gといったところか。描写性能はどちらも十分以上に高い。

もちろん両方持てれば幸せ。性格の違いから使い分けもしやすい。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

24mmで比較するともちろん24mm f/1.4の圧勝。

Sigma 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

性能は大きく引き離されているがそこそこの写りはするのでコストパフォーマンスが高い。


関連用品

フィルター

純正で使い回しのしやすい77mm径。


 
Spec  
構成枚数 10群12枚
最小絞り F16
最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率 0.18倍
フィルター径 77mm
最大径 x 長さ 83mm x 88.5mm
質量 620g
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
発売日 2010-03-19

Link

NIKON製品情報
価格.com
Amazon
デジカメinfoの海外レビュー抄訳

Example