AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

描写力、使い勝手ともに優れた準広角単焦点

Good

  • 開放からしっかりとした写りでF1.8の明るさを存分に活かせる
  • 接写能力が高い(最短撮影距離25cmまで寄れる)
  • 素晴らしいボケ味
  • 安定した光学性能で使いやすい(色収差、逆光耐性など)
  • 軽量コンパクトで携帯性に優れる

Bad

  • 開放の周辺減光がやや大きい
  • 開放の四隅が甘い

コメント

f/1.8シリーズのニューレンズということで発売まもなくゲットした一本
期待を裏切らない優れた広角レンズ。


描写の傾向

開放から周辺までしっかりとしたクリアな写りで、その中に甘さとは違った柔らかさがあり、大口径単焦点ならではの素敵な描写。贅沢を言えば隅だけは少し甘く感じられるが、F2.8まで絞れば隅々まで安定し全域で高い解像力を発揮する。

解像力はF4〜F5.6あたりがピークだが、回折の影響が出てくるF11あたりまで絞ってもまだかなり高い。F16でも十分にシャープなので開放から最小絞りまで自在に使えると言ってよさそう。

ボケ味は申し分なく、ピント面を外れたところから自然に柔らかくボケていく。とても良いかんじのボケだ。
大口径レンズらしく開放で込み入った背景だと若干うるさく感じることもあるが、それを差し引いても広角でこのボケ味は見事。

点像をしっかりと写すことができる、ということなので夜景などにも良い。
星撮りにもよさそうだが、シビアに見れば絞らないと四隅は甘いので隅々までしっかりと写すために少し絞る必要がある。絞ってISO感度を上げる派の人は問題ないだろうが、開放で撮る派の人は不満がでるかもしれない。

歪曲や周辺減光はまれに気になるがこの手の広角レンズとしてはまずまずといったところだろう。
色収差は良く抑えられていてほぼ気にならない。逆光耐性も高く、安定して使いやすいレンズと言える。


使い勝手

35mmの画角は準広角としてスナップには非常に使いやすい画角とされている。実を言うと個人的には若干苦手だが、世間的には35mmを好む人は非常に多い。

最短撮影距離が25cmと短く、クォーターマクロに迫るクローズアップ撮影が可能。明るいF値とあわせて美しいボケ味を十分に活かせる。

開放から高い性能を持っているため、シャッタースピードを稼ぐ目的で絞りを開けることも可。手ブレ補正は付いていないが手持ち夜景など暗所での撮影にも十分対応することができる。

AF速度や精度も問題なく、テンポ良く撮影を楽しめる。
M/Aモード対応でシームレスにMFに移行することができるが、MFの操作性としてはピントリングに遊びがあるのが少し気になる。

DXで使ったときの換算約52.5mmの標準レンズの画角となる。
これはこれで使いやすく、DX機との組み合わせでも標準単焦点として重宝するだろう。


携帯性

軽量コンパクトで携帯性は十分。
D600系やD750、Dfのような小さなボディとのマッチングはグッド。D3000系やD5000系のようなDXエントリー機と組み合わせても違和感はない。


総評

やはりニコンのF1.8の単焦点は期待を裏切らない。

高い解像力や素敵なボケ味などの画質面だけでなく、使いやすい画角に加えクローズアップ性能も高いなど使い勝手の面でも良いものを持っている。
35mmが好きな画角なら有無を言わさず手に入れるべき。携帯性の高さも相まって常用レンズとして大活躍してくれるだろう。

満足度は100点。


他のレンズとの比較

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

焦点距離が同じでランクがひとつ上。
35mmで最高の写りが欲しければこのレンズということになる。

使ったことはないが同じハイグレードの24mm f/1.4Gや58mm f/1.4Gを使った経験からするとこのレンズもおそらくスペシャルな写りをするのだろう。
ついでに価格もスペシャル。

大きく重くなり、接写性能も若干落ちるので、気軽に使えるのは35mm f/1.8Gの方かもしれない。
35mm f/1.8Gもかなり満足の写りであるし。

COSINA Carl Zeiss Distagon T*2/35

色ノリが良くキレが素晴らしい。周辺の解像力などは劣るが、ボケ味は一枚上。
ツァイスの色ノリとボケ味を活かした表現が欲しければこのレンズは魅力的な選択。

ただMFのみのレンズなので使い勝手では明らかに劣る。

気軽なスナップや隅々までしっかりと写したい風景撮影などの用途では35mm f/1.8Gの方がいいだろう。


メンテ記録

売却 2015/08

24-70 f/2.8E召喚の生け贄に。

クリアさと柔らかさが同居したステキ描写を見ると惜しい気もするが、実は35mm少し苦手ということもあり。


関連用品

フィルター

58mm径。
50mm f/1.4Gなどと共通。

風景撮影にももってこいのレンズなのでPLフィルターなどあれば便利なはず。
日中の開放撮影にNDフィルターもあると心強い。広角レンズなのでワイド用の薄枠のものを。

Amazon ケンコー Zeta EX サーキュラーPL
Amazon ケンコー PRO1D ND4(W)


 
Spec  
DX利用時換算 47.5mm
構成枚数 8群11枚
最小絞り F16
最短撮影距離 0.25m
最大撮影倍率 0.24倍
フィルター径 58mm
最大径 x 長さ 72mm x 71.5mm
質量 305g
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
発売日 2014-02-06

Link

NIKON製品情報
価格.com
Amazon

Example