AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

軽量高画質でオールマイティに使える望遠ズーム

Good

  • 使いやすいF4通し
  • シャープで高い解像力
  • 美しく癖のないボケ味
  • 強力な手ブレ補正を搭載
  • 高速なAF
  • フォーカスリミッター
  • クォーターマクロ以上の撮影倍率
  • インナーズーム、インナーフォーカスのため鏡胴が伸びない
  • M/Aモード対応
  • ナノクリスタルコート

Bad

  • 開放で甘さを感じるケースがある
  • 価格が高い
  • 三脚座が別売り

コメント

70-200 f/2.8Gとの比較が気になってお試しした一本。
使い勝手と画質の両立が素晴らしいレンズ。


描写の傾向

開放では甘さを感じるケースもあるが、基本的には開放からしっかりとした写りで、シャープさの中にも柔らかさを感じる素敵な描写。解像力も高く、周辺部まで良く写る。
万全を期すなら一段絞ればOK。F5.6〜F8くらいまで絞るとキリっと締まって立体感なども増し、文句のない画質となる。

ボケ味は自然で癖がなく美しい。
望遠でかつクローズアップ撮影ができるので、明るさがF4でも大きなボケを楽しむこともできるなど、表現の幅は広い。

逆光耐性はまずまず良好。極端な逆光ではゴーストやフレアは派手に出るが、ほとんどのケースでは無問題。ゴーストは派手に出るときれいで見栄えのする、いい感じのゴーストだ。

他の小三元は描写力に関してはいくらかの妥協を感じずにはいられなかったが、このレンズに関してはそれが当てはまらない。
さすがに大三元に比べれば劣るが、かなりの満足を与えてくれる描写力を持っている。


使い勝手

70-200 f/2.8Gや80-400 f/4.5-5.6Gなど重量級の望遠レンズと比べるとAFは若干遅いがそれでも高速と言って差し支えない。
フォーカスリミッターも付いているので動き物にもかなり対応できるのではなかろうか。

画角としては中望遠から望遠域の定番のズームレンジをカバーするレンズで、軽量でクローズアップ撮影も出来るなど使い勝手が非常に良い。

F4はF2.8に比べると一段暗く、望遠レンズでは割と大きな違いになる。
しかし強力な手ブレ補正がついているおかげで、かなり光量条件の悪いところでも不自由なく使うことができる。

DXフォーマットで使うと換算約105mm〜300mm程度の画角になるので、FXで使う場合よりやや汎用性は落ちる。しかしより長い望遠として使える上、周辺画質などが更に安定するので、望遠レンズとしてはある意味FXで使うよりも優れた性能を発揮する。

三脚座が別売りなのは残念だが、その分安くなっていると考えれば悪いことでもないのかもしれない。


携帯性

良い、と言うには若干長いのが少し残念。
個人的にあと1cm短いと愛用のインバース200AWにジャストフィットでパーフェクトだった。

とは言えF2.8クラスに比べるとざっくり半分程度の重さとなり、比較的気軽に持ち歩きできる。
少し大きめのカメラバッグならばカメラに装着した状態で収納することも可能。


総評

高い画質を持ち、かつ使い勝手が非常に良いと言うことで、これはナイスなレンズ。
軽いフットワークに、簡易マクロ的な使い方もできるなど、対応できる撮影の幅はf/2.8G VRIIより広い。

開放の画質に若干の隙はあるが、使い込んでみると目くじらを立てるほどの問題でもなかった。

というわけで満足度は100点。


他のレンズとの比較

純正のf/2.8G VRIIやサードパーティ製のF4通し望遠ズームなどと。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

画質を重視するならf/2.8Gとなるが、両者とも満足できる水準はクリアしているので、用途次第で選んでもいいかと。

風景やあまり早く動かない動物などがメインの被写体の人にとってはf/4Gの方が使い勝手が良いと思う。
f/2.8Gに比べるとだいぶ軽くて持ち運びのプレッシャーがかなり少ないし、クローズアップで大きく写せるし。

一方で被写体ブレはVRでもどうにもならないので動き物などを主に相手にするなら一段分の明るさが物を言うはず。
テレコンを組み合わせる用途でも明るいf/2.8Gの方が無理がない。

両方持って使い分けるという贅沢ができれば一番幸せだろう。

トキナー AT-X 70-200 F4 PRO FX VCM-S

焦点距離やF値、最大撮影倍率など似通ったスペックを持つ競合レンズ。
開発に時間をかけただけあって、なかなか素晴らしいレンズに仕上がっている。

使い勝手では純正にいくらか劣るが、描写力は(好みの問題かもしれないが)高いと感じる。

他の小三元

F4通しの通称小三元と呼ばれるレンズの中でも頭ひとつ高価だが、その分画質も比例して高い。16-35や24-120も後継は画質重視で同じくらいの価格になりそうな気がする。

そして今後大三元がもっと高くなって相対的に安くなるという線だろう。ううん、よく知らないけどきっとそう。


メンテ&使用記録

点検 2013/08

ニコンプラザにて。ピントも含め異常なしとのことだった。

開放の甘さが気になる 2013/12

使い込むとそういうケースが増えてきた。
全然問題ないケースも多いのだが。

過度に気にしない 2014/04

またしばらく使い込んでみると問題ないケースの方が多いかったので過度に気にするのはやめた。
良いレンズです。


関連用品

三脚座

軽いレンズなので三脚座無しでカメラを三脚に据えても問題はないかなという気はするが、強風下などの撮影コンディションを考えるとあった方が間違いなく良い。

純正のほかサードパーティ製でKirkやRRSのものもある。

Amazon ニコン 三脚座リング RT-1

フィルター

風景撮影にも使いやすいレンズなのでフィルターは有用。
大三元、小三元の中では唯一の67mm径。他のレンズとの共用を考えるとステップアップリングなどを使うのが良いかもしれない。

ステップアップリング

純正の大口径レンズとの使い回しを考えると67mm→77mmが良いのではないかと思う。
サードパーティでは82mm径のレンズも増えているので、そちらを使っている場合は67mm→82mmでも。

Amazon ステップアップリング

テレコン

TC-14E IIとの組み合わせでは、AF速度も画質も大きな不満はない。

ただ使い勝手的には開放F値が1.4xテレコンでもF5.6とやや暗くなってしまうことに若干不自由を感じる。
2xテレコンだとF8になってしまうのでちょっと厳しい。

とは言え、携帯性も良いので鞄の隅に置いておくと撮影の幅が広がるアイテムだ。

Amazon 1.4xテレコン TC-14E II

一脚

手ブレを少しでも抑えるために一脚は有効なアイテム。
地面に付けないでカメラの下にぶら下げる形で使ってもスタビライザーとして機能し、ブレ低減の効果がある。

このレンズは軽くて逆にブレやすい面があるので、一脚をぶら下げると一段分くらいの補正効果が見込める。ただしそれは自分の場合で、もともと人間三脚的特性を持つ人には無用かもしれない。個人差があると思う。

Amazon ベルボン ULTRA STICK R50

最終更新: 2014-08-09


 
Spec  
構成枚数 14群20枚
最小絞り F32
最短撮影距離 1m
最大撮影倍率 0.28倍
フィルター径 67mm
最大径 x 長さ 78mm x 178.5mm
質量 850g
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
発売日 2012-11-29

Link

NIKON製品情報
価格.com
Amazon

Example