Tokina AT-X 70-200mm F4 PRO FX VCM-S

満を持して登場したトキナー渾身の望遠ズーム

ペンタックスからOEMで出ると噂されていたモノなので気になってゲットした一本。
純正70-200 f/4Gに勝るとも劣らない描写力を持つレンズ。

Good

  • F4通しであることや手頃な携帯性などから来る使い勝手の良さ
  • 美しいボケ味に加えて開放からシャープでクリアな高い描写力
  • 公称3.5段分の手ブレ補正を搭載
  • 超音波モーターにより高速なAFとフルタイムマニュアルを実現
  • 接写能力が高く簡易マクロとして使うことができる

Bad

  • 三脚座が別売りでかつ高価
  • なぜか手ブレしやすい
  • 一脚使用時に手ブレ補正が誤動作する

描写の傾向

開放からシャープでクリアな描写で、色の乗りも良く立体感もよく出る。
少し絞れば遠景でも隅々までしっかりと解像するので、風景にも好適。

ボケ味はかなり美しく、ズームレンズ離れして単焦点に近いクオリティ。
望遠レンズとしてはかなり寄れるレンズなので、F4でも大きなボケを楽しめる。
後ボケに若干の硬さを感じることもあるが、適度なメリハリがむしろ魅力的。

逆光耐性はまずまず良好。極端な逆光ではゴーストやフレアは普通に出るが、ほとんどのケースでは無問題。

開放ではわずかに周辺減光が感じられるが一段絞ればほぼ問題なくなる。
歪曲や色収差についてもほぼ気にならず、そうした収差はよく補正されているという印象。


使い勝手

使いやすい中望遠から望遠域のレンジをカバーし、クローズアップ撮影も可能ということで汎用性が高い。
サイズと重さも抑えられているため、使い勝手はかなり良い。

トキナー初となる超音波モーターは純正と比べても遜色のないAF速度を実現しており、同時にフルタイムマニュアルが可能になっている点も良い。
ただ動体追従などはさすがに純正には及ばないかもしれない。

そして同じくトキナー初となる手ブレ補正搭載。
静かな室内では動作音がやや耳に付くが、屋外では気にならないので特に問題はない。
3段分の効きということで、気合いを入れれば200mmで1/20s程度でもシャープな画像が得られる。ただし一脚使用時に誤動作してブレをかえって増幅するなど、機能性は純正に劣る。(純正は少なくとも一脚使用時に誤動作することはない)

またレンズとボディのバランスのせいか、手ブレ補正を切った素の状態で比較しても純正の70-200のレンズ2本(F2.8およびF4)よりも2段分くらいブレやすいのが少々残念。
これは単に自分のホールディングの問題かもしれないが・・・

DXフォーマットで使うと換算約105mm〜300mm程度の画角となる。広角側は短くなるが望遠側は長くなり、風景撮影などでは望遠の長さが足りないと思うことがなくなる。
DX機との相性も悪くないと言えるだろう。

三脚座が別売りなのは残念だ。その分価格が抑えられているのではあろうが。


携帯性

F4通しの望遠ズームということでそれなりにかさばるが、とは言えF2.8通しの70-200に比べればだいぶ気軽に持ち出すことができる。

純正の70-200 f/4Gに比べて1cm程度短いのがよろしく、この1cmの違いが収納性を左右するケースもままあるため馬鹿にならない。
とは言え純正の長さでも問題のないバッグを使っているのであれば軽量な純正の方がいいのだが。

フードはしっかりとした花形フードで、順付けにするとマウント面から25cm。
D800と合わせると長さが32cmとなってしまい、その状態で収納できるバッグは少ない。
ここは純正のようにフードの長さを抑えてくれた方がよかったかなという気がする。


総評

使い勝手は純正にやや及ばないものの、描写力に関しては勝るとも劣らないものを持っている。
描写力で見れば純正のF2.8とF4の間に位置する形で、十分立ち位置を確立できるのではなかろうか。

ただ個人的には使い込む打ちに手ブレに関連する問題点などが見えてきて信頼性が下がった。
描写に関しては本当に満足しているだけに惜しいところだ。

満足度は95点。


他のレンズとの比較

AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

競合する純正のレンズ。
焦点距離やF値、最大撮影倍率などかなりスペックが似通っている。

純正の方が勝っている点。

重量が軽い 800g vs 980g
手ブレ補正の動作音が静か
最小絞りが大きい F32 vs F22
細い 78mm vs 82mm
重量バランスが良い(素でブレにくい)
フォーカスリミッター付き
テレコンが使用可能

純正の方が劣っている点。

全長が長い 178.5mm vs 167.5mm
開放の安定感
色乗り
ボケ味
価格

色乗りやボケ味に関しては好みの問題もあるので、純正の方がいいという人もいるかもしれないが、ざっくり描写力はトキナーの方がやや良く、使い勝手や機能性では純正の方が強いというかんじ。
携帯性は一長一短。

描写に関しては等倍でチェックすると純正の方がスッキリとシャープなのだが、鑑賞サイズで見るとトキナーの方がより立体感や質感が出て良いと感じる。

価格に関してはトキナー発売当時で量販店価格だと4万程度の差で、価格.com最安だと2.5万円程度の差。
こうして見ると十分にトキナーは割安に思えるが、サードパーティで10万円超えの価格に抵抗を示すユーザーはけっこう多いようだ。そんなことを言っている自分も実はもう少し安いことを期待していた。

正直価格に見合う性能を持っているとは思うが、ユーザーの目はなかなか厳しい。

とか言いつつ自分も現在の価格なら総合力で純正に軍配を上げるところかなあ。8万円台まで下がればコストパフォーマンスで断然トキナーを推したいところだが。(89,800円も一応8万円台)


メンテ&使用記録

交換 2014/06

購入直後に念のため点検に出したところ、AF時のモーター音がおかしいとのことで新品交換となった。

売却 2015/07

自分の場合だけかもしれないが手ブレ補正以前に素でブレやすいという手ブレの問題がどうにも解決できず、今ひとつ信頼しきれなかった。
頻度的には使い物にならないと言うほどひどくはないが、他のレンズを使ったときにはブレ知らずの状況でブレることがあるというのはなんだか釈然としないものがある。

というのが手放した要因。

それさえなければ便利で良く写るということで文句のないレンズだったのだが。


関連用品

三脚座

三脚を使うならあった方がいいが、かなり割高な点が悩ましい。

Amazon Tokina 三脚座リング TM-705

フィルター

風景撮影にも使いやすいレンズなのでフィルターは有用。
ニコンは67mm径が多くないので使い回しはしにくい。

Amazon ケンコー Zeta EX サーキュラーPL

ステップアップリング

純正の大口径レンズとの使い回しを考えると67mm→77mmが良いのではないかと思う。
サードパーティでは82mm径のレンズも増えているので、そちらを使っている場合は67mm→82mmでも。

Amazon ステップアップリング

テレコン

使えるものがあるのか不明。

一脚

手ブレを少しでも抑えるために一脚は有効なアイテム。
地面に付けないでカメラの下にぶら下げる形で使ってもスタビライザーとして機能し、ブレ低減の効果がある。

Amazon ベルボン ULTRA STICK R50

最終更新: 2015-08-07


 
Spec  
構成枚数 14群20枚
最小絞り F22
最短撮影距離 1m
最大撮影倍率 0.28倍
フィルター径 67mm
最大径 x 長さ 82mm x 167.5mm
質量 980g
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
発売日 2014-05-30

Link

TOKINA製品情報
価格.com
Amazon
デジカメWatch 交換レンズレビュー

Example